ザ・ウォーリアーズブログ

1228

シュガーケーン ウールスポーツジャケット

こんにちは、ザ・ウォーリアーズです。

 

本日ご紹介するのはこちらです。

 

シュガーケーン ウールスポーツジャケット SC13670

肉厚な30オンスのウールメルトンで仕立てられた一枚。

ポケット口のウェルト部分や袖口などにはアクセントとして牛革を配しています。

1930年から40年代のディティールを取り入れた、このジャケットはバックビューが恐ろしく特徴的でカッコいいんです。

背中の中心に大きく設けられたプリーツ。

このプリーツによって腕の可動域は各段にUPし、見た目にもいいアクセントになっています。

 

釦やバックルなどもヴィンテージを参考に再構築されています。

 

キルティングライナーは保温性と着心地の良さを兼ね備えた仕様です。

 

※インナー『フェローズ 770WS-ST

シンプルでクラシカルなジャケットにはシャツなどが良く似合います。

今からの時季にピッタリな一着。

この時季だからこそのウールアイテムをぜひ楽しんで下さい。

本日も皆様のご来店をお待ちしております。

 

 

ザ・ウォーリアーズ

http://the-warriors.ocnk.net

ザ・ウォーリアーズ・フェイスブック

https://www.facebook.com/theewarriors

ザ・ウォーリアーズ・ツイッター

https://twitter.com/the_warriors006

ザ・ウォーリアーズ&デルボマーズ HP

http://www.delbombers.net

オーナーブログ

http://blogs.yahoo.co.jp/delbombers_co

テーラー東洋 別珍スカジャン

こんにちは、ザ・ウォーリアーズです。

 

本日ご紹介するのはこちらです。

 

テーラー東洋 別珍スカジャン TT14206-128

背面には富士山と桜をバックに、大きく翼を広げる鷲。

糸の色を複数使い分け、細かい表情を表現しています。

フロントには虎。

腕には龍。

スカジャンの人気モチーフを詰め込んだ様なデザインが魅力の一枚です。

そして、この青味の強いネイビーボディー!

これがめちゃくちゃカッコいいんです!!

別珍の独特の光沢も入り混じっていて、妖艶な雰囲気が◎。

ぜひ直接ご覧になって頂きたいです。

 

リバーシブル面はブラックのキルティング仕様。

ジャパンマップ柄がデザインされています。

富士山や五重塔なども共に描かれています。

 

※インナー 『バズリクソンズ C.P.O.シャツ BR24961

裏面のキルティングボディーはインナーの袖通りが良いので、ウール系のアイテムなんかも難無く合わせて楽しめます。

 

卓越した技術と、歴史が詰まったコレクタブルな一着。

ぜひともご検討下さいませ。

本日も皆様のご来店をお待ちしております。

 

 

ザ・ウォーリアーズ

http://the-warriors.ocnk.net

ザ・ウォーリアーズ・フェイスブック

https://www.facebook.com/theewarriors

ザ・ウォーリアーズ・ツイッター

https://twitter.com/the_warriors006

ザ・ウォーリアーズ&デルボマーズ HP

http://www.delbombers.net

オーナーブログ

http://blogs.yahoo.co.jp/delbombers_co

カスタムミリタリージャケット!

こんにちは、ザ・ウォーリアーズです。

 

11月に入って寒さが深まるのと合わせて、ジャケットを求めて来店してくださる方が非常に多くなってきました。

ザ・ウォーリアーズの顔の1つでもあるミリタリージャケットは、近隣の方から遠方の方までいらしていただいてる状況であります。

その中でも、今年はカスタムのジャケットを選ぶ方が多い気がします。

 

そこで、本日はカスタムジャケットを軽くご紹介させて頂きたいと思います。

まずは、こちら。

L-2Aグリーンリブ・モスキートモデル

陸軍航空隊から空軍へ独立した際に、僅かの期間だけエアフォースブルーで製作されたのがL-2Aです。

本来、リブもボディと一緒のネイビーなのですが、当時の染色技術の未熟さと汗や日焼けなどからグリーンへと退色してしまったモデルを再現されています。

グリーンのリブとモスキートのパッチ、背中の刺繍がポイントのジャケットです。

 

次はこちら。

タンカース・フューリーモデル

機甲部隊の歩兵用の冬用戦闘服として開発されたウィンターコンバットジャケット、通称タンカースと呼ばれるこちら。

映画「フューリー」で、俳優ブラットピットが着ていたモデルを再現したジャケットです。

タンカースの中でもフロントポケットがパッチポケットの前期モデルで、左右の袖のパッチのみとシンプルなデザインが魅力です。

 

次は、こちら。

N-1デッキジャケット・スヌーピーモデル

米海軍の艦艇乗員用の防寒着として開発されたN-1デッキジャケットです。

当時人気だったアニメキャラクターをモチーフにしたカスタムジャケットが多く存在しましたが、こちらもその一つ。

右胸に施されたパッチがポイントとなったシンプルなジャケットです。

 

次はこちら。

 

MA-1・20th年記念モデル

B-15シリーズを経て、パイロットの体を包み込むよう立体的に製作されたMA-1は、当時は画期的なジャケットで、今でも人気のジャケットであります。

こちらのMA-1は、バズリクソンズの20周年を記念したモデルで、シルエットをタイトにし、リブにはミックスリブが使用されています。

リブはセージグリーンとブルーを掛け合わているので、通常にはない仕様でポイント高いですね。

 

次はこちら。

B-10・フライングタイガーモデル

フライングタイガースと言えば、黄色の虎に羽が付いたモチーフが主流ですが、こちらは赤バージョンになったレアなモデルです。

パッチのデザインも格好良く、フライングタイガースは長年人気のカスタムモデルです。

 

最後はこちら。

G-1・パッチカスタムモデル

様々な部隊に所属したパッチが施されたこちらのモデルは、自在したモデルを再現されております。

右胸に1枚、両肩に1枚づつ、そして背中に5枚と名誉あるパッチが施されたジャケットです。

各々デザインされた色とりどりのパッチは、このジャケットのためにわざわざ製作されているので手間が掛かっております。

 

店内には、ここで取り上げた以外にも様々なカスタムモデルがございます。

カスタムモデルは定番ではなく、そのジャケットのために製作されたモデルです。

個性溢れるデザインが多いですが、格好良いですよね。

ぜひともカスタムにも注目してみてはいかがでしょうか…

詳しくは店頭にてご覧くださいませ。

カスタムジャケット

 

ザ・ウォーリアーズ

http://the-warriors.ocnk.net

ザ・ウォーリアーズ・フェイスブック

https://www.facebook.com/theewarriors

ザ・ウォーリアーズ・ツイッター

https://twitter.com/the_warriors006

ザ・ウォーリアーズ&デルボマーズ HP

http://www.delbombers.net

オーナーブログ

http://blogs.yahoo.co.jp/delbombers_co

ホワイツビル☓バズリクソンズ コラボレーションアワードジャケット

こんにちは、ザ・ウォーリアーズです。

 

本日ご紹介するのはこちらです。

 

ホワイツビル☓バズリクソンズ コラボレーションアワードジャケット WV14217

アワードジャケット、通称スタジャンが今年も出揃っております。

様々なカラーやカスタムのものがございますが、こちらはその中でもスペシャルな一枚。

スタジャンレーベルとしてのホワイツビルと、ミリタリーレーベルのバズリクソンズのコラボレーションで製作されています。

 

フロント、バックにそれぞれブランドロゴ、エアフォースマークのシニ―ルと刺繍が施されています。

刺繍文字は「バズリクソンズ」のミリタリージャケット・アイテムへの強いプライドを感じる事が出来ます。

 

ボディーは30オンスのウールメルトンと牛革の組み合わせ。

袖とポケット口の牛革はしっかりとした厚みを持ちながら、非常にしなやかな印象です。

 

カラーはネイビーとホワイトの2トーンで構成されています。

 

派手な印象は無く、むしろ落ち着いた雰囲気です。

 

※インナー 『ウエストライド ネルウエスタンシャツ WR3004

スウェットやパーカーなどと抜群の相性ですが、たまにはシャツなどを合わせて大人なコーディネートはいかがでしょうか!?

ご検討されている方はぜひお早めに!!

本日も皆様のご来店をお待ちしております。

 

 

ザ・ウォーリアーズ

http://the-warriors.ocnk.net

ザ・ウォーリアーズ・フェイスブック

https://www.facebook.com/theewarriors

ザ・ウォーリアーズ・ツイッター

https://twitter.com/the_warriors006

ザ・ウォーリアーズ&デルボマーズ HP

http://www.delbombers.net

オーナーブログ

http://blogs.yahoo.co.jp/delbombers_co

G-1、ウエストライド、グリームのゴートスキンレザージャケット売れています!

こんにちは、ザ・ウォーリアーズです。

 

ザ・ウォーリアーズでは、少しでも多くの方に革ジャンに親しんで頂きたいと、様々な革ジャンを取り揃えております。

広い店内を活かして、ミリタリーからスポーツ、そしてライダースとございます。

その中でも、当店でご好評いただいているのは「ゴートスキン」を使用した革ジャンです。

旧き良き時代から親しまれているゴートスキン、そして非常に着やすいという点からも支持されております。

 

その代表モデルと言えば、こちらです。

G-1』です。

海上という過酷な状況下でも耐えられ、そして体に馴染みやすいという革の性質からG-1に採用されたのです。

非常に着やすいG-1は、採用されてから50年以上経った今でもパイロットから指示されている革ジャンであります。

1度袖を通すとその着やすさに、G-1しか着ていないという方も多いんですよね。

 

そして、今シーズンからラインナップを多くしたこちらのシリーズ。

ウエストライドのゴートスキンジャケット』です。

「着辛い、高額」という点と、「革ジャン=気軽に着れない」という点から敬遠している方を、“革ジャンは身近なもの”と知って欲しいと手掛けられたのが、このゴートスキンシリーズです。

ゴートスキンの気やすさ、そして良心的な価格に抑えたという点からも、多くの方に支持されております。

20’sのスポーツジャケットからライダースモデル、そしてテーラードジャケットまで幅広くラインナップしているので、きっと好みのタイプを見つけていただけますよ。

 

そして、今シーズンは早い時季からご好評をいただいているこちら。

グリームのゴートスキンスポーツジャケット』です。

以前から気にしていたという方や、袖を通したらストライクだったなど、革好きの方から非常にご好評をいただいているのがこちらの革ジャンです。

ゴートスキンの中でも肉厚な革に拘り、そして着やすさを求めて、敢えてシボの多い革が採用されております。

重厚感があるのに非常に着やすいという点と、他にはないという様々な作り込みという点からも支持されておりますよ。

 

 そして、最後はこちら。

ラングリッツレザーズ』です。

ラングリッツが最初に採用した革が“ゴートスキン”だったんです。

様々な革を扱ってきた経験から、ゴートスキンを採用し、創業して70年以上経った今でも採用し続けている唯一の革です。

近年、オーダーされる方の多くが、革の特性からゴートスキンで製作されておりますよ。

 

旧き良き時代から支持され続けてきた“ゴートスキン”、アメカジを語る上でも欠かすことのできない素材です。

体に馴染み、そして着やすい、気兼ねなく着れる等々、非常に優れた革です。

革好きはもちろんのこと、革ジャンは初めてという方にもお勧めです。

ゴートスキンレザージャケット

ぜひゴートスキンの魅力を堪能してくださいませ。

 

ザ・ウォーリアーズ

http://the-warriors.ocnk.net

ザ・ウォーリアーズ・フェイスブック

https://www.facebook.com/theewarriors

ザ・ウォーリアーズ・ツイッター

https://twitter.com/the_warriors006

ザ・ウォーリアーズ&デルボマーズ HP

http://www.delbombers.net

オーナーブログ

http://blogs.yahoo.co.jp/delbombers_co

バズリクソンズ A-1 フライトジャケット+α

こんにちは、ザ・ウォーリアーズです。

 

本日ご紹介するのはこちらです。

 

バズリクソンズ A-1 フライトジャケット BR80483

入荷から非常にご好評の一枚です。

A-2の前身モデルにあたるA-1。

ジッパーが実用化されるよりも前になる為にフロントはボタンでの開閉となっています。

史実によるとシープスキン製のものが多かったとの事ですが、現存するものも少なく、この様にホースハイドで製作されることがほとんどです。

バズリクソンズは荒々しさを感じるブロンコハイド(野生馬の革)を使用し、当時の雰囲気が宿った表情に仕上げています。

革本来の皺や傷をそのまま生かしています。

更にこちらも合わせてご紹介致します。

バズリクソンズ A-1 フライトジャケット BR80413

こちらもバズリクソンズのA-1ですが、先程とは表情が違うのが見てとれると思います。

同じブロンコハイドを使用している点も同じですが、こちらはワックス仕上げを行った一枚です。

アニリンによる着色後、手作業によってワックスを染み込ませるという手間の掛かった仕上げを行っています。

手前の艶感のあるアニリンフィニッシュに比べ、落ち着いた表情になっております。

どちらも全く異なる雰囲気で迷ってしまう方も多いですが、既に欠品サイズがございますので、サイズがあればどちらでもラッキーです!!

 

最後にもう一枚。

 

 

黒で統一されたボディー。

そこに存在感のあるレッドカラーのライニングを配したスペシャルな一枚!

これは、あのTHE FEWのA-1です!!

未だにお問い合わせを多く頂きますが、当店でも在庫のみのお取扱いです。

「サイズ44」のみとなりました。

普段からサイズにお悩みだった方には非常にオススメです!

 

A-2やG-1などをお持ちの方、人と少し差を付けたい方、そんな方達にオススメな一着。

ぜひともご覧くださいませ。

本日も皆様のご来店をお待ちしております。

 

 

ザ・ウォーリアーズ

http://the-warriors.ocnk.net

ザ・ウォーリアーズ・フェイスブック

https://www.facebook.com/theewarriors

ザ・ウォーリアーズ・ツイッター

https://twitter.com/the_warriors006

ザ・ウォーリアーズ&デルボマーズ HP

http://www.delbombers.net

オーナーブログ

http://blogs.yahoo.co.jp/delbombers_co

バズリクソンズのL-2B

こんにちは、ザ・ウォーリアーズです。

 

本日ご紹介するのはこちらです。

 

バズリクソンズ L-2B BR11132

フライトジャケットA-2の後継モデルとして誕生したL-2シリーズの3番目として開発されたL-2Bです。

ライトゾーン用フライトジャケットの決定版とも称される一枚。

 

 

しばしばMA-1と間違われてしまうL-2シリーズですが、MA-1にはない特有のディティールが詰まっています。

ライニングの無い仕様もMA-1とは異なる点ですね。

なんと言っても魅力は気軽に羽織れる軽い着心地ではないでしょうか。

 

強靭さと軽さを併せ持つ高密度ナイロン生地を使用。

バズリクソンズがリプロダクトを手掛けるクラウンジッパー。

ライニングはウールレーヨンを使用し、肌触り、着心地どちらも抜群です。

ミリタリーウェアと本気で向き合うメーカーだからこそ成しえる仕様の数々!

その質感は実際に触れて頂ければ感じて頂けるはずです。

シンプルなデザインで着こなしを選ばない万能アイテムであり、当時の最新技術、素材を駆使して生み出されたフライトジャケットの醍醐味を味わえる一枚。

ぜひ“本物”を身に纏ってみてはいかがでしょうか!?

本日も皆様のご来店をお待ちしております。

 

 

 

ザ・ウォーリアーズ

http://the-warriors.ocnk.net

ザ・ウォーリアーズ・フェイスブック

https://www.facebook.com/theewarriors

ザ・ウォーリアーズ・ツイッター

https://twitter.com/the_warriors006

ザ・ウォーリアーズ&デルボマーズ HP

http://www.delbombers.net

オーナーブログ

http://blogs.yahoo.co.jp/delbombers_co

ウエストライド オークキャニオンレザージャケット

こんにちは、ザ・ウォーリアーズです。

 

本日ご紹介するのはこちらです。

 

ウエストライド オークキャニオンレザージャケット

 

 

ウエストライドのゴートスキンシリーズの一つになります。

 

なんと言っても最大の特徴は「コサックカラーのダブルライダース」という点です。

ジッパーを上げた状態ですとシングルライダースの様な印象ですが、ジッパーを下げてみるとラペルが現れます。

ラングリッツのキャスケードモデルなどに見られる特徴的なデザインです。

本格的なバイクユースにはもちろん、カジュアルな着こなしにも非常にマッチします。

 

袖にはジッパーとスナップボタン付きのストラップを装備。

中の比翼は独立しているので、ジッパーを開けると開放感がございます。

 

ボディー両サイドはレースアップ仕様で、ウエスト部のフィッティングの調整が可能。

ライニングにはボディーから袖先までキルティングを設けています。

中綿入りで保温性もございます。

この形、実はレザージャケットに興味が無かったという方や、バイクには乗られていない方に特に人気がございます。

高いデザイン性とゴートスキンの柔らかさが合わさったオススメの一枚です。

ぜひともご検討下さいませ。

本日も皆様のご来店をお待ちしております。 

 

 

ザ・ウォーリアーズ

http://the-warriors.ocnk.net

ザ・ウォーリアーズ・フェイスブック

https://www.facebook.com/theewarriors

ザ・ウォーリアーズ・ツイッター

https://twitter.com/the_warriors006

ザ・ウォーリアーズ&デルボマーズ HP

http://www.delbombers.net

オーナーブログ

http://blogs.yahoo.co.jp/delbombers_co

バズリクソンズのN-1デッキジャケット!

こんにちは、ザ・ウォーリアーズです。

 

本日は、ミリタリージャケットの中でも人気のこちらのアイテムをご紹介させて頂きます。

“バズリクソンズのN-1デッキジャケット”です。

画像左側・・・『N-1デッキジャケット(ネイビー)』 画像右側・・・『N-1デッキジャケット(カーキ)

こちらのジャケットは、作り込み、デザイン性、そして良心的な価格と、バズリクソンズの中でも群を抜いて人気の高いアイテムであります。

そして、コアなお客様向けにとリリースされているこちらも、次いでご好評をいただいております。

画像左側・・・『N-1 デッキジャケットDEMOTEX-ED(ネイビー)』 画像右側・・・『N-1 デッキジャケットDEMOTEX-ED(カーキ)

アウターシェルからライニング、そしてパーツに至るまでハイスペックにて製作されたジャケットで、コアなお客様に高い支持をされております。

 

そんな両モデルはどう違うのか?と、ご質問されることが多いので、本日はその違いを軽くご紹介させて頂きます。

まず大きな違いは、アウターシェル(表素材)に使われているジャングルクロスです。

画像左・・・N-1デッキジャケット 画像右・・・N-1 デッキジャケットDEMOTEX-ED

洋上で冷風に晒されるデッキクルー身を守るために織り上げれられたジャングルクロスが左です。

更に、極細の糸で超高密度に織り上げられたのが右で、遮風性が高くなっております。

 

次にライニング(裏地)が異なります。

画像下・・・N-1デッキジャケット 画像上・・・N-1 デッキジャケットDEMOTEX-ED

防寒性を高めるために用いられたアルパカモヘアウールパイル生地が下側になります。

更に防寒力を高めるために使われたのがアルパカウールパイルで、毛足が長く保温性高くなっているのが上側になります。

寒がりの方には上側の方がお勧めですよ。

画像下・・・N-1デッキジャケット 画像上・・・N-1 デッキジャケットDEMOTEX-ED

画像下のN-1デッキジャケットの方は、ネイビーもカーキも同じ色のアルパカモヘアウールを使用するのに対し、画像上のN-1 デッキジャケットDEMOTEX-EDは、色によってアルパカウールをわざわざ変えているんです。

画像上は、時代背景に合わせた仕様となっているのがコアな方に支持されております。

 

次にジッパー。

N-1デッキジャケットは「CONMATIC」ジッパーが使用されているのに対し、

N-1 デッキジャケットDEMOTEX-EDは「TALON」ジッパーが使用されているんです。

些細な部分にまで拘って製作されているんですよね。

他にも多数ありますが、詳しくは店頭にてご覧くださいませ。

ハイスペックを選ぶならN-1 デッキジャケットDEMOTEX-EDモデル、良心的な価格で選ぶなら通常のN-1デッキジャケットがおすすめですよ。

N-1デッキジャケット

 

そんな両モデルを手掛けるバズリクソンズ。

他にも多数のミリタリージャケットを手掛けており、ミリタリーへの力を入れどころは他社にないのではないでしょうか。

店頭では様々なジャケットが入荷して参りました。

今ならサイズも揃っておりますので、お早めにご検討くださいませ。

バズリクソンズ

 

ザ・ウォーリアーズ

http://the-warriors.ocnk.net

ザ・ウォーリアーズ・フェイスブック

https://www.facebook.com/theewarriors

ザ・ウォーリアーズ・ツイッター

https://twitter.com/the_warriors006

ザ・ウォーリアーズ&デルボマーズ HP

http://www.delbombers.net

オーナーブログ

http://blogs.yahoo.co.jp/delbombers_co

テーラー東洋×ピーナッツ ベトナムライナージャケット

こんにちは、ザ・ウォーリアーズです。

 

本日ご紹介するのはこちらです。

 

テーラー東洋×ピーナッツ ベトナムライナージャケット TT14209

通常はライナーなどに使用される生地で仕立てられています。

中綿を有しているので、少し肌寒い日には大活躍の一枚。

リップストップで軽さと、強靭さを兼ね備えていますよ。

背面のスヌーピーがとても愛くるしいです。

足元の数字「1969」はアポロ11号が月面着陸を行った年を表しています。

当時、ベトナムに駐留していた米兵が記念にオーダーをしたものです。

 

同じデザインで単衣のものも実はございます。

テーラー東洋×ピーナッツ ベトナムジャケット TT14077

こちらはコットンのアウターシェルに裏地を設けただけの仕様です。

デザイン自体は同じですが、雰囲気は全く違います。

こちらの方が中綿が無い分、着用期間も長く楽しめます。

どちらも早い者勝ちですので、気になる方はお早めに!!

本日も皆様のご来店をお待ちしております。

 

 

ザ・ウォーリアーズ

http://the-warriors.ocnk.net

ザ・ウォーリアーズ・フェイスブック

https://www.facebook.com/theewarriors

ザ・ウォーリアーズ・ツイッター

https://twitter.com/the_warriors006

ザ・ウォーリアーズ&デルボマーズ HP

http://www.delbombers.net

オーナーブログ

http://blogs.yahoo.co.jp/delbombers_co

サムライジーンズの芸者モデル入荷!

こんにちは、ザ・ウォーリアーズです。

 

ザ・ウォーリアーズでは広い店内を活かして、レディースコーナーとキッズコーナーを設けております。

流行り廃りのない王道のアメリカンカジュアルをテーマに、選考させて頂いております。

 

そのコーナーに、新たなアイテムが加わりました!

サムライジーンズの芸者モデル』です。

こちらは、サムライジーンズのレディースモデルとしてリリースされているジーンズです。

女性用ということで、“芸者”という名でリリースされているんです。

革パッチも侍ではなく、芸者がデザインされております。

 

そんなこちらのジーンズは、メンズよりはややライトオンスになりますが、16オンスとヘビーウエイトなデニムを使用しております。

形は女性の体形に合わせて作られているので、腰回りも綺麗に収まってくれます。

 

股上はメンズに比べて浅めになっているので、穿きやすくなっております。

ポケットのスレーキはチェック地になっていて、見えないところも可愛くなっています。

 

メンズ仕様と同様に、セルビッチが使われておりますよ。

 

シルエットは、細身のストレートになっているので、女性らしさもありつつアメカジスタイルのシルエットとなっています。

癖のないシルエットなので、このようなジーンズが初めての方でも違和感なく穿いて頂けますよ。

今ではヘビーオンスジーンズは女性にも認知され、穿かれる方が増えてきました。

ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

また、店頭にはサムライジーンズ以外にもレディース用としてこちらを揃えております。

左側・・・『ジャパンブルーの細身のストレートジーンズ』、右側・・・『ジャパンブルーのボーイフレンドジーンズ

こちらは先程のサムライジーンズとは真逆で、デニムがソフトなのでヘビーウエイトなジーンズが苦手な方にお勧めです。

作り込みは、メンズと同じように縫製され、セルビッチ付きで、色落ちも楽しめますよ。

 

メンズシルエットを活かしておりますが、こちらは女性にもお勧めです。

フェローズのブーツカットジーンズ』です。

股上を浅く、細目のシルエットのブーツカットジーンズです。

セルビッチ付きのデニムを使用してブーツカットにした贅沢なジーンズです。

綺麗なシルエットのブーツカットなので、ブーツカットに敬遠していた方でも違和感なく穿いて頂けます。

メンズの作り込みで作られているので、色落ち等も満足して頂けますよ。

 

と、レディース用のジーンズを揃えております。

ストレッチではないジーンズを穿きたい、穿いて頂きたいという方にお勧めなジーンズです。

ジーンズの魅力を奥様や彼女にも味わってもらってはいかがでしょうか。

もしかしたら、以前よりもお買い物がしやすくなるかもしれませんよ…

レディースジーンズ

 

ザ・ウォーリアーズ

http://the-warriors.ocnk.net

ザ・ウォーリアーズ・フェイスブック

https://www.facebook.com/theewarriors

ザ・ウォーリアーズ・ツイッター

https://twitter.com/the_warriors006

ザ・ウォーリアーズ&デルボマーズ HP

http://www.delbombers.net

オーナーブログ

http://blogs.yahoo.co.jp/delbombers_co

 

 

 

ステュディオ・ダ・ルチザン 別珍スカジャン

こんにちは、ザ・ウォーリアーズです。

 

本日ご紹介するのはこちらです。

ステュディオ・ダ・ルチザン 別珍スカジャン 4465

落ち着いた雰囲気のある別珍スカジャンに浮世絵師 歌川広重の「東海道五十三次」を題材にした刺繍が施されています。

 

 

舞台は十五番目の宿場 蒲原の宿がデザインモチーフとなっております。

 

どことなく溶け込むブタたちがまたいいアクセントになっています。

 

ブラックの別珍ボディーにホワイト一色のリブがシンプルでカッコいいです。

 

もちろんリバーシブル仕様です。

表とは対照的にブルーとゴールドの配色になっています。

こちらも同じく歌川広重の「六十余州名所図会」がモチーフ。

阿波鳴門の風波が元になっています。

表のリブとは違いラインが入ったデザインです。

 

表、裏で全く違う表情の一枚。

普段、スカジャンは着ないという方でも、このダルチザンのスカジャンはトライし易いのではないかと思います。

中綿入りなのでちょっと肌寒い日にもオススメですよ。

シックに楽しめる別珍スカジャン、気になる方はお早めに!

本日も皆様のご来店をお待ちしております。

 

 

ザ・ウォーリアーズ

http://the-warriors.ocnk.net

ザ・ウォーリアーズ・フェイスブック

https://www.facebook.com/theewarriors

ザ・ウォーリアーズ・ツイッター

https://twitter.com/the_warriors006

ザ・ウォーリアーズ&デルボマーズ HP

http://www.delbombers.net

オーナーブログ

http://blogs.yahoo.co.jp/delbombers_co

フェローズ マウンテンパーカー

こんにちは、ザ・ウォーリアーズです。

 

本日ご紹介するのはこちらです。

フェローズ マウンテンパーカー PMPK1

カジュアルアウターとして人気の高いマウンテンパーカーがフェローズより入荷して参りました。

素材の切り替えしが特徴的な一着。

ショルダーから袖にかけてはパラフィン加工を施したコットンナイロン素材を使用。

撥水性があるので、ちょっとやそっとの雨なら問題無しです。

ボディー下部にはウールをチョイス。

コットンナイロンとウールの異素材コンビが非常に相性抜群な組み合わせです。

 

デザイン自体はシンプル。

 

ブランドを強調するのは、胸にワンポイントのブランドネームとスナップボタンのみ。

 

ライニングはキルティングが施されています。

中綿入りで保温性もございます。

フロントジッパーはダブルジッパーを採用。

ジッパー下部を開ければ、ジャケットを着たままでも車の乗車や座る姿勢が楽にとれます。

 

気軽に羽織れるアウターとして重宝すること間違いなしの一枚です。

気になる方はお早めに!

本日も皆様のご来店をお待ちしております。

 

 

ザ・ウォーリアーズ

http://the-warriors.ocnk.net

ザ・ウォーリアーズ・フェイスブック

https://www.facebook.com/theewarriors

ザ・ウォーリアーズ・ツイッター

https://twitter.com/the_warriors006

ザ・ウォーリアーズ&デルボマーズ HP

http://www.delbombers.net

オーナーブログ

http://blogs.yahoo.co.jp/delbombers_co

バズリクソンズ A-2デッキジャケット シビリアンモデル

こんにちは、ザ・ウォーリアーズです。

 

本日ご紹介するのはこちらです。

バズリクソンズ A-2デッキジャケット シビリアンモデル BR14154

先日のブログ官給品のA-2デッキをご紹介しましたが、今回は民生品(シビリアンモデル)のご紹介です。

官給品との違いは画像の通りアウターシェルの色です。

官給品のオリーブドラブに対してネイビーカラーとなっております。

ですが、ライニングのボア、ボディー脇のベルト部はそのままオリーブカラーのものが使用されています。

さり気ない2トーン仕様になっています。

色違いと言えば、フロントジッパーも官給品バージョンと異なるシルバーカラーのものになっていますよ。

海軍ものらしいネイビーカラーなので、官給品だと言われてもなんら違和感がございません。 

 

前回触れませんでしたが、バックビューを見てもらうとこのジャケットにはプリーツがありません。

プリーツの有無で動き易さが各段に変わります。

このジャケットのインナーボアはアームの付け根部分が切り離されています。

これによってプリーツを持たなくとも、動き易さを確保しているんです。

 

当時の最新素材・技術を使って作られた王道の官給品もいいですが、たまにはシビリアンモデルという選択肢もありですね。

ぜひともご検討下さいませ。

本日も皆様のご来店をお待ちしております。

 

 

ザ・ウォーリアーズ

http://the-warriors.ocnk.net

ザ・ウォーリアーズ・フェイスブック

https://www.facebook.com/theewarriors

ザ・ウォーリアーズ・ツイッター

https://twitter.com/the_warriors006

ザ・ウォーリアーズ&デルボマーズ HP

http://www.delbombers.net

オーナーブログ

http://blogs.yahoo.co.jp/delbombers_co

ウエストライドのレザーテーラードジャケット!

こんにちは、ザ・ウォーリアーズです。

 

日に日に寒くなってきているのと合わせて、店頭ではジャケットを求めて来店くださる方が本格的に増えて参りました。

その中でも、入荷と同時に大変ご好評をいただいているのが、こちらのジャケットであります。

ウエストライドのゴートスキンレザージャケット』です。

以前のブログでもご紹介させて頂きましたが、“少しでも多くの方に革ジャンを着て欲しい”というコンセプトから立ち上がったのが、ゴートスキンを使用して製作されたレザージャケットです。

革=「着辛い」、「高額」のイメージが覆されるほど、とても着やすく、そして良心的な価格が魅力であります。

革ジャン好きな方から、革を敬遠していたという方、革ジャン初心者の方にも大変ご好評をいただいております。

 

 そんなゴートスキンジャケットのシリーズの中には、実はこんなジャケットも存在するのです。

レザーテーラードジャケット』です。

こちらはウエストライドの中でも長年人気が高いジャケットなんです。

テーラードのスタイルですが、カジュアルな要素も強く、肩肘張らずに楽しめる一着。

ポケットはウエスタンシャツに見られるディテールが取り入れられています。

ウエストライドのシャツなどにも使用されるポケットデザインで、縫製が大変なんですよね。

 

襟の部分にストラップが付いているので、ネックを締めて風よけとしても着られます。

このようなカジュアルなディテールも取り込まれているので、普段使いとしても着れますよね。

 

例えば、このジャケットをこんな感じに着たら、少しフォーマルな席でも着ていけるのではないでしょうか。

ボタンダウンシャツにジーンズの組み合わせに羽織るだけです。

カジュアルだけど大人な装いが簡単に楽しめます。

しかも、価格が¥59,800(税別)とリーズナブルなのも非常に魅力なんですよね。

が、しかしこの価格も、この物価上昇に合わせてリリースできなくなってしまい、モデルチェンジしてしまいました。

サイズがある方は、ラッキーですので、この機会に。

 

価格がハマらなくなってしまい、同時にモデルチェンジしたのがこちら。

シックライドレザーテーラードジャケット

こちらもゴートスキンを用いて製作されたテーラードジャケットになり、よりスーツのような形に変更されたジャケットになっております。

同じく、普段使いからきちんとした席に着て頂けるようになっております。

ボタンダウンシャツにネクタイを締めて、チノパン等のトラウザースを合わせると、スーツのような感覚で着用出来ますね。

 

スーツほど肩肘張らずに着れて、そして普段使いできるジャケットです。

1着持っていると急な席にも対応できる優れモノです。

着こなしの幅を広げてくれるジャケットですので、ぜひ注目して頂きたいですね。

ウエストライドのレザーテーラードジャケット

ぜひ店頭とWEBショップをチェックしてみて下さいね。

 

ザ・ウォーリアーズ

http://the-warriors.ocnk.net

ザ・ウォーリアーズ・フェイスブック

https://www.facebook.com/theewarriors

ザ・ウォーリアーズ・ツイッター

https://twitter.com/the_warriors006

ザ・ウォーリアーズ&デルボマーズ HP

http://www.delbombers.net

オーナーブログ

http://blogs.yahoo.co.jp/delbombers_co

 

バズリクソンズ B-15Cカスタム

こんにちは、ザ・ウォーリアーズです。

 

本日ご紹介するのはこちらです。

バズリクソンズ B-15Cカスタム BR14176

人気のカスタムモチーフである「モスキート部隊」のスコードロンパッチを胸にあしらった一枚。

B-15Cと言えば後に誕生する名作ジャケット「MA-1」の誕生の礎にもなったB-15シリーズの一つですね。

エアフォースブルーと名付けられたネイビーカラーの高密度ナイロンと、ウールとコットン混毛パイルを使用したインナーライニングに豪華な大振りのムートン襟が特徴的です。

襟を立ててストラップで固定すれば、首元の防寒もバッチリです。

これならマフラー要らずな感じです。

フロントジッパーは勿論ですが、袖のシガーポケットのジッパーもクラウンのスプリング・カムロック式です。

 

このB-15Cとモスキート部隊の組み合わせと言えばやはり、往年の大女優 マリリン・モンローの存在を忘れてはいけませんね。

彼女が同部隊の慰問ツアーを行った話は有名ですが、その極寒の地で彼女が身に纏っていたのがこのB-15Cです。

プレーンのものを着用している写真が多いですが、このスコードロンパッチのカスタムを着用する写真も確認されています。

 

以前ご紹介したL-2Aも含めて、モスキートカスタムを背景なども含めて楽しんでみてはいかがでしょうか。

本日も皆様のご来店をお待ちしております。

 

 

ザ・ウォーリアーズ

http://the-warriors.ocnk.net

ザ・ウォーリアーズ・フェイスブック

https://www.facebook.com/theewarriors

ザ・ウォーリアーズ・ツイッター

https://twitter.com/the_warriors006

ザ・ウォーリアーズ&デルボマーズ HP

http://www.delbombers.net

オーナーブログ

http://blogs.yahoo.co.jp/delbombers_co

ウエストライドのシャツ!

こんにちは、ザ・ウォーリアーズです。

 

本日は、当店で人気のウエストライドについて、少しご紹介させて頂きたいと思います。

“ウエストライド”というと、バイカーブランドのイメージがある方が多いと思いますが、実は決してそんなことはないのです。

バイクユースとして製作しているアイテムは、全体の2割ほどしかなく、街着として製作されているものが殆どになるのです。

 

その中でも、特に注目して頂きたいのが『シャツ』であります。

ウエストライドのシャツの生地は、全て力織機によって製作されているんです。

力織機と言えば、そうです、ジーパンが力織機によって織り上げられております。

独特の生地感、色落ちが再現できるのも、この力織機ならではなのであります。

 

シャツも同様に、質感や生地の風合いは力織機でないと再現できないですよね。

ウエストライドは、旧き良き時代の物作りを再現するため、生地にも拘り作られております。

力織機にまで拘って作られているメーカーは数少なく、現在、日本にシャツを作れる力織機は2か所しかないといわれております。

手間と時間が掛かり生産が出来ないという現状の中、当時のモノ作りに拘って力織機によって作れらているんですよ。

 

こちらのシャンブレー生地も力織機にて織られております。

ショールカラーのワークシャツ

それからこちらのネルシャツもそうなんですよね。

ウォバッシュストライプタイプのネルシャツ』 

ウォバッシュの様に仕上げたネルシャツは、力織機にて製作するのは困難とされておりますが、再現されております。

生地によってシャツのデザインを変えて、そしてそのデザインに合わせてボタンも変えられております。

 

裾の脇の部分には、力織機ならではのセルビッチが補強のため使用されております。

空環による縫製も、旧き良き物作りによるディテールを取り入れております。

 

ウエストライドのシャツは、旧き良き時代の物作りを拘り、そして着た時に格好良く仕上げられております。

力織機ならではの風合い、そして袖を通した時の抜群の着心地の良さは、他にはないですよ。

包まれるような着心地の良さは虜になってしまします。

ウエストライドのシャツ

 

最後に、オリジナルの生地だからこそ、レザーのライニングにも使用しております。

過去に製作したシャツの生地を、ゴートスキンジャケットライニングに惜しげもなく使用しているんです。

シャツに拘るウエストライドだからこその仕様です。

ウエストライドのゴートスキン

 

ザ・ウォーリアーズ

http://the-warriors.ocnk.net

ザ・ウォーリアーズ・フェイスブック

https://www.facebook.com/theewarriors

ザ・ウォーリアーズ・ツイッター

https://twitter.com/the_warriors006

ザ・ウォーリアーズ&デルボマーズ HP

http://www.delbombers.net

オーナーブログ

http://blogs.yahoo.co.jp/delbombers_co

フェローズ ウールサブマリンコート

こんにちは、ザ・ウォーリアーズです。

 

本日ご紹介するのはこちらです。

フェローズ ウールサブマリンコート PSMC1

1940年代に米海軍にて採用されていたサブマリンジャケットをアレンジした一着。

メインマテリアルはヘリンボーンウール。

見た目にはサブマリンジャケットそのままに感じられますが、高密度で硬い本来の風合いとは違い、柔らかく軽い着心地を楽しめます。

更に裏地を設けることによって、袖通りも良く、高級感も味わえます。

スッキリとした印象のスタンドカラーは立てても、折り返しても◎!

デザインとしてはフロントにフラップ付きのパッチポケットが付くだけのシンプルなスタイル。

腰を隠す程度の程よいミドル丈です。

 

インナーやパンツを選ばない万能なデザインは、Pコートに並ぶ米海軍の名作ジャケットであるからこそですね。

ミリタリーウェアとしての存在を知らなければ、オシャレなウールコートと言っても過言ではございません。

1940年代には既にここまで完成されたデザインがあったという事実に、ただただ驚くばかりです。

気になった方はぜひお早めに!

本日も皆様のご来店をお待ちしております。

 

 

ザ・ウォーリアーズ

http://the-warriors.ocnk.net

ザ・ウォーリアーズ・フェイスブック

https://www.facebook.com/theewarriors

ザ・ウォーリアーズ・ツイッター

https://twitter.com/the_warriors006

ザ・ウォーリアーズ&デルボマーズ HP

http://www.delbombers.net

オーナーブログ

http://blogs.yahoo.co.jp/delbombers_co

バズリクソンズ A-2デッキジャケット

こんにちは、ザ・ウォーリアーズです。

 

本日ご紹介するのはこちらです。

バズリクソンズ A-2デッキジャケット BR12291

人気のジャケット『N-1デッキジャケット』の後継モデルとして誕生したA-2デッキジャケット。

N-1よりも丈が短く変化し、襟のボアも省かれています。

見た目の変化もそうですが、各部材にも変化が見られます。

アウターシェルはジャングルクロス(コットングログラン)からオリーブカラーのバックサテンに変更。

ライニングのアルパカウールはナイロン製のボアになっています。

この素材の変化によって、一気に近代的な雰囲気が増しています。

 

ですが、ボタンとジッパーによって構成されるフロント。

 

袖口の内側に設けられたリブなど、N-1から受け継がれたディティールも色濃く残っています。

 

素材の変更により、保温性はそのままに軽い着心地に昇華された米海軍における名作ジャケットの一つ『A-2デッキジャケット』をぜひお試しくださいませ。

 

合わせて民生品用の『A-2デッキジャケット シビリアンモデル』も店頭にご用意しておりますよ。

 

こちらはまた後日ご紹介させて頂きます。

N-1デッキジャケットをお持ちの方でも、全く異なる着こなし、着心地を味わえます。

気になる方はお早めに!! 

本日も皆様のご来店をお待ちしております。

 

 

ザ・ウォーリアーズ

http://the-warriors.ocnk.net

ザ・ウォーリアーズ・フェイスブック

https://www.facebook.com/theewarriors

ザ・ウォーリアーズ・ツイッター

https://twitter.com/the_warriors006

ザ・ウォーリアーズ&デルボマーズ HP

http://www.delbombers.net

オーナーブログ

http://blogs.yahoo.co.jp/delbombers_co

ウエストライド チマヨニットベルト

こんにちは、ザ・ウォーリアーズです。

 

本日ご紹介するのはこちらです。

ウエストライド チマヨニットベスト

チマヨ柄を大きくデザインしたウールベストです。

アメリカ・ニューメキシコ州のスペイン系移民のオルテガ族によって生み出されたチマヨ柄は、ファッションアイテムにも多く取り入れられていますね。

フロントに二つと背中にも大きくデザインされています。

イギリスと南米の混毛ウールを使用して編み上げられたニットボディーは、空気の層が多く、型崩れもしにくい優れものです。

オルテガ族の工芸品であった「織物」を、ウエストライドの打ち出す新潟ニット「編物」へとアレンジしています。

釦ループは手編みによる制作と取付。

通常コットンテープなどを使う様な部分にも全てウールを使用しているのも隠れた拘りがございます。

これによりニット特有の伸縮性を損なう事はありません。

 

ややゆとりを感じるシルエットとスクエアボトムの組み合わせでカジュアルな印象になっています。

アクセントになるチマヨ柄が魅力的なニットベストはシャツやカットソーに合わせるのはもちろん、少々大きめを選んでジャケットやアウターの上に羽織ってみるのもよろしいかと思います。

ぜひ普段の着こなしにプラスしてみてはいかがでしょうか?

本日も皆様のご来店をお待ちしております。

 

 

ザ・ウォーリアーズ

http://the-warriors.ocnk.net

ザ・ウォーリアーズ・フェイスブック

https://www.facebook.com/theewarriors

ザ・ウォーリアーズ・ツイッター

https://twitter.com/the_warriors006

ザ・ウォーリアーズ&デルボマーズ HP

http://www.delbombers.net

オーナーブログ

http://blogs.yahoo.co.jp/delbombers_co